• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

帰省のブレーンは都医師会長と弁護士出身初当選議員

 都民ファーストの会は5月に都議選の公約に掲げた受動喫煙防止対策の詳細を発表した。1つは厚労省案をほぼ踏襲した形の案。もう1つは他党との差別化を狙った「子ども対策」で、こちらは自宅内やクルマ内での喫煙を禁止するというプライバシー空間までも規制する内容で、ふだんは目くじらを立てない大新聞さえもが疑問視したものである。

 もっとも、これらは小池氏自らの発案ではないらしい。都政に詳しいジャーナリストが背景を説明する。

「2人のキーパーソンがいます。1人は東京都医師会の会長で、5月下旬に小池知事に面談し、条例整備を要望しています。もう1人は今回の都議選で都民ファーストの会から出馬して初当選した岡本光樹弁護士で、彼は2月の講演で『子どもを受動喫煙から守る条例』の素案を発表しています。岡本氏は今年の禁煙デーイベントで加熱式たばこの健康被害を明らかにするための“人体実験”に言及していた。危険極まりない発想です。2人ともスモークフリーに熱心というか嫌煙派で有名です。そうしたブレーンの考え方をそっくり取り入れたのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る