帰省のブレーンは都医師会長と弁護士出身初当選議員

公開日:

 都民ファーストの会は5月に都議選の公約に掲げた受動喫煙防止対策の詳細を発表した。1つは厚労省案をほぼ踏襲した形の案。もう1つは他党との差別化を狙った「子ども対策」で、こちらは自宅内やクルマ内での喫煙を禁止するというプライバシー空間までも規制する内容で、ふだんは目くじらを立てない大新聞さえもが疑問視したものである。

 もっとも、これらは小池氏自らの発案ではないらしい。都政に詳しいジャーナリストが背景を説明する。

「2人のキーパーソンがいます。1人は東京都医師会の会長で、5月下旬に小池知事に面談し、条例整備を要望しています。もう1人は今回の都議選で都民ファーストの会から出馬して初当選した岡本光樹弁護士で、彼は2月の講演で『子どもを受動喫煙から守る条例』の素案を発表しています。岡本氏は今年の禁煙デーイベントで加熱式たばこの健康被害を明らかにするための“人体実験”に言及していた。危険極まりない発想です。2人ともスモークフリーに熱心というか嫌煙派で有名です。そうしたブレーンの考え方をそっくり取り入れたのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る