覇権争いに終止符…東芝会長退任で完成する「西田シナリオ」

公開日:  更新日:

 東芝の西田厚聰会長(70)が6月にも相談役に退くという。05年に社長に就任し、09年からは会長を務めている。9年間にわたり、東芝のトップに君臨してきた実力者の勇退だ。

 ところが勇退は表向きで、実情は全く違うらしい。
「西田氏が次期会長に指名したのは社長経験のない室町正志取締役(64)。異例中の異例です。何か思惑があるのではないか。業界内は大騒ぎですよ」(業界関係者)

 室町氏は、実は08年から副社長として西田体制を支えてきた。一時は社長候補の声もあったが、西田氏は次期社長に佐々木則夫氏(64=現副会長)を指名した。室町氏は常任顧問に退き、サラリーマン人生に終止符を打ったはずだった。ところが13年6月、なぜか取締役に呼び戻されている。

「今にして思えば、会長含みでの復帰だったのでしょう。西田氏は役員定年内規の70歳なので、今年退任するしかない。ただ、西田会長と佐々木副会長の確執は凄まじく、西田会長は、佐々木氏を会長に“昇格”させたくない。自分の息のかかった人物を会長にするため、室町氏を復帰させたと考えるのが自然です」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る