覇権争いに終止符…東芝会長退任で完成する「西田シナリオ」

公開日:  更新日:

 東芝の西田厚聰会長(70)が6月にも相談役に退くという。05年に社長に就任し、09年からは会長を務めている。9年間にわたり、東芝のトップに君臨してきた実力者の勇退だ。

 ところが勇退は表向きで、実情は全く違うらしい。
「西田氏が次期会長に指名したのは社長経験のない室町正志取締役(64)。異例中の異例です。何か思惑があるのではないか。業界内は大騒ぎですよ」(業界関係者)

 室町氏は、実は08年から副社長として西田体制を支えてきた。一時は社長候補の声もあったが、西田氏は次期社長に佐々木則夫氏(64=現副会長)を指名した。室町氏は常任顧問に退き、サラリーマン人生に終止符を打ったはずだった。ところが13年6月、なぜか取締役に呼び戻されている。

「今にして思えば、会長含みでの復帰だったのでしょう。西田氏は役員定年内規の70歳なので、今年退任するしかない。ただ、西田会長と佐々木副会長の確執は凄まじく、西田会長は、佐々木氏を会長に“昇格”させたくない。自分の息のかかった人物を会長にするため、室町氏を復帰させたと考えるのが自然です」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る