• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

覇権争いに終止符…東芝会長退任で完成する「西田シナリオ」

 東芝の西田厚聰会長(70)が6月にも相談役に退くという。05年に社長に就任し、09年からは会長を務めている。9年間にわたり、東芝のトップに君臨してきた実力者の勇退だ。

 ところが勇退は表向きで、実情は全く違うらしい。
「西田氏が次期会長に指名したのは社長経験のない室町正志取締役(64)。異例中の異例です。何か思惑があるのではないか。業界内は大騒ぎですよ」(業界関係者)

 室町氏は、実は08年から副社長として西田体制を支えてきた。一時は社長候補の声もあったが、西田氏は次期社長に佐々木則夫氏(64=現副会長)を指名した。室町氏は常任顧問に退き、サラリーマン人生に終止符を打ったはずだった。ところが13年6月、なぜか取締役に呼び戻されている。

「今にして思えば、会長含みでの復帰だったのでしょう。西田氏は役員定年内規の70歳なので、今年退任するしかない。ただ、西田会長と佐々木副会長の確執は凄まじく、西田会長は、佐々木氏を会長に“昇格”させたくない。自分の息のかかった人物を会長にするため、室町氏を復帰させたと考えるのが自然です」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る