日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東芝うつ解雇訴訟 最高裁全面認定でも残る“IBMルール”

 パワハラで苦しむ人にとって、注目の判決だった。長時間労働でうつ病となり東芝を解雇された重光由美さん(47)が原告となった訴訟の24日の上告審判決。最高裁は、重光さんへの賠償金額について「過失を理由に減額すべきではない」と判断したのだ。

「2審の高裁判決では、長時間労働とうつ病発症の因果関係が認められ、解雇無効が確定しました。一方、神経科への通院や病名を早く申告していれば、会社は病気の悪化を防ぐ措置を取ることができたなどとして、賠償額は2割減額されたのです。上告審の争点は、重光さんの過失分が賠償額から差し引かれるかどうかでしたが、最高裁は2審判決を破棄し、賠償額を算定し直すよう高裁に差し戻しました」(司法記者)

 朗報ではあるが、判決を受けて会社側がパワハラやリストラに、より慎重になるかというと、そう簡単ではない。ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事