謎のベンチャー「ビーロット」株急騰 裏に“平成の政商”あり?

公開日:  更新日:

 東証マザーズに上場したばかりのベンチャー企業の株価が“ナゾの高騰”を続け、市場関係者の注目を集めている。中古ビル再生などを手掛ける「ビーロット」(東京・港区)である。

 何しろ、この会社、値上がり方がハンパじゃない。公募価格「2010円」で11日に上場したのだが、直後から買い注文が殺到。初日、2日目は売買が成立しなかった。海のモノとも山のモノとも分からないベンチャー企業が、上場した途端に買いが殺到して売買不成立なんてそうそうない。

 初値が付いたのは15日。それも1万500円というから、公募価格の実に5・2倍である。さらに、その後も値上がりし続け、とうとうストップ高の1万3500円まで跳ね上がった。きのう(17日)の終値は1万420円だったが、依然として高水準をキープしている。どんな会社なのか。

 会社HPによると、資本金約3億円で、従業員はわずか23人。不動産の売買やリノベーション、証券化などを手掛けており、設立した2008年の売上高500万円だったが、翌年に100倍(!)の5億円を突破。13年12月期には22億円に達している。会社設立からたった5年で売上高が440倍とは驚くばかりだが、“爆騰”の理由は他にもあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る