謎のベンチャー「ビーロット」株急騰 裏に“平成の政商”あり?

公開日:  更新日:

 東証マザーズに上場したばかりのベンチャー企業の株価が“ナゾの高騰”を続け、市場関係者の注目を集めている。中古ビル再生などを手掛ける「ビーロット」(東京・港区)である。

 何しろ、この会社、値上がり方がハンパじゃない。公募価格「2010円」で11日に上場したのだが、直後から買い注文が殺到。初日、2日目は売買が成立しなかった。海のモノとも山のモノとも分からないベンチャー企業が、上場した途端に買いが殺到して売買不成立なんてそうそうない。

 初値が付いたのは15日。それも1万500円というから、公募価格の実に5・2倍である。さらに、その後も値上がりし続け、とうとうストップ高の1万3500円まで跳ね上がった。きのう(17日)の終値は1万420円だったが、依然として高水準をキープしている。どんな会社なのか。

 会社HPによると、資本金約3億円で、従業員はわずか23人。不動産の売買やリノベーション、証券化などを手掛けており、設立した2008年の売上高500万円だったが、翌年に100倍(!)の5億円を突破。13年12月期には22億円に達している。会社設立からたった5年で売上高が440倍とは驚くばかりだが、“爆騰”の理由は他にもあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る