オリ宮内オーナーの野球熱再燃 ナインは街を歩けなくなる

公開日: 更新日:

 阪神のお株を奪う巨額投資だ。

 入団が決定した中島裕之(32)の年俸は3年総額14億円強。阪神との争奪戦を制したオリックスは今オフ、目玉の中島をはじめ、FAで前日本ハムの小谷野を獲得。前DeNAのブランコ、前広島のバリントンとの契約合意も間近だ。国内FA権を行使した金子の残留も秒読みといわれ、総額で20億円超の大補強である。

 今季は142試合目にソフトバンクとの最終決戦で涙をのんだものの、前年5位から2位に躍進。宮内オーナーの野球好きの血が騒いだのだろう。11月にオーナー報告に来た森脇監督へソフトバンクへのリベンジを厳命した上で、金子の入札制度によるメジャー移籍も認めなかった。今年は、1試合平均で約3000人の観客動員増を達成。増収も後押ししている。

 イチロー(ヤンキースからFA)らを擁した90年代は常勝チームだった。近年はBクラスが指定席。パでは唯一、21世紀になって優勝を果たしていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

もっと見る