オリ宮内オーナーの野球熱再燃 ナインは街を歩けなくなる

公開日: 更新日:

 阪神のお株を奪う巨額投資だ。

 入団が決定した中島裕之(32)の年俸は3年総額14億円強。阪神との争奪戦を制したオリックスは今オフ、目玉の中島をはじめ、FAで前日本ハムの小谷野を獲得。前DeNAのブランコ、前広島のバリントンとの契約合意も間近だ。国内FA権を行使した金子の残留も秒読みといわれ、総額で20億円超の大補強である。

 今季は142試合目にソフトバンクとの最終決戦で涙をのんだものの、前年5位から2位に躍進。宮内オーナーの野球好きの血が騒いだのだろう。11月にオーナー報告に来た森脇監督へソフトバンクへのリベンジを厳命した上で、金子の入札制度によるメジャー移籍も認めなかった。今年は、1試合平均で約3000人の観客動員増を達成。増収も後押ししている。

 イチロー(ヤンキースからFA)らを擁した90年代は常勝チームだった。近年はBクラスが指定席。パでは唯一、21世紀になって優勝を果たしていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る