孫正義社長の後継者候補 アローラ氏「報酬165億円」の仰天

公開日:  更新日:

 ソフトバンクが、昨年9月に入社した元米グーグル幹部のニケシュ・アローラ氏(47)に対し、今年3月末までの報酬として165億5600万円支払っていたことが19日、有価証券報告書で分かった。報酬のうち約146億円は入社に伴う一時金だという。

 孫正義社長は先月11日の決算記者会見で、アローラ氏を「最重要の後継者候補」と紹介していた。前代未聞の報酬額には驚くばかりだが、一体どんな人物なのか。

 1968年生まれ。父がインド空軍の軍人の家庭で育ったアローラ氏はインドの名門バナーラス・ヒンドゥー大学卒業後、奨学金を頼りに、21歳で渡米。男5人でトイレと風呂場が1つしかない家をシェアしながら苦学したという。米投資会社などで通信アナリストとして働いた後、99年にドイツテレコムへ転職。04年、グーグルへ移籍し営業やマーケティングなどを統括する上級副社長にまで上り詰め、12年には5100万ドル(約62億円)の報酬を提示されたことで大きな話題になった。

 165億円といわれてもピンとこないが、単純計算で年収1000万円の社員1650人分。果たして、アローラ氏にそれだけの価値があるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る