• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本一に歓喜のソフトB孫オーナー 今オフも「札束」大補強へ

 11年以来となるソフトバンクの3年ぶりの日本一で幕を閉じた日本シリーズ。ナインが秋山監督を10回胴上げすると、続いて孫正義オーナー(57)も宙を舞った。

 ヤフオクドームに駆け付けた孫オーナーは、試合中もVIP席でメガホンを振り回しながら熱烈応援。優勝が決まるやシリーズMVPの内川の肩を抱き、摂津と握手するなど喜びを爆発させていた。優勝セレモニー中は選手と一緒に地べたに座り、ベンチ前であぐらをかいて拍手を送るなど、日本一の喜びを満喫していた。

■目指すは「巨人V9」超え

 これで今シーズンはすべて終了。今後はストーブリーグに突入するが、むしろここからが孫オーナーの出番だ。球団関係者は、「一体、どれだけのカネが使われるのか」と、苦笑まじりにこう言った。

「孫オーナーはビジネスにはシビアで、一時期は野球でもムダなカネは使うなという方針だった。それが11年にオーナーになって初めて日本一になると、『常勝チームをつくる!』と鼻息も荒くなった。昨オフも総額30億円の大補強をし、今年も球団社長が『選手の獲得予算はつくるべきではない。補強費は青天井』と宣言している。孫オーナーの野望は巨人のV9超えと世界一の球団をつくること。すでに水面下では補強に乗り出していて、助っ人補強リストにはメジャーの大物の名前が並んでいるようだ。手始めに広島を退団する、年俸1億3000万円のバリントンの獲得を狙っている。ウチは打者はバランスがいいが投手は駒不足。日本シリーズでも、不調の中田や摂津に頼らざるを得なかったくらいだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る