トップはSB孫正義社長の92億円! 配当金「億万長者」リスト

公開日: 更新日:

 増配ラッシュが続いている。セイコーエプソンやNTTドコモ、富士フイルム、三菱UFJフィナンシャル・グループ……上場企業の約3割が増配に踏み切った。

「輸出企業を中心に業績は上向いています。数年前までは利益のほとんどを内部留保に回し、イザというときに備える会社が多かったが、最近はROE(株主資本利益率)重視の経営が求められています。ROEを高める方法のひとつは増配です。株価アップに貢献するし、何より株主は大歓迎でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 骨肉の争いを繰り広げた大塚家具は父娘ともに“味方”を増やすため増配を打ち出した。株主総会では娘(社長)が勝利し、配当金は従来より40円増の年80円となる。

「父親(前会長)は敗北したとはいえ、大塚家具の大株主なので受け取る配当金は大幅にアップするはずです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る