日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

久美子社長ピンチか 「大塚家具」裁判でパパが凄絶な反攻開始

「ハンカチで涙をぬぐう娘に、暴走発言を続ける父。まるで、3月の株主総会を見ているようでした。“劇場”再びという感じですね」(テレビ記者)

 13日、東京地裁で行われた大塚家具の「お家騒動」第2ラウンド。父親の大塚勝久前会長(72)が大塚家の資産管理会社「ききょう企画」に対して、社債償還を求めている訴訟だ。骨肉の争いを続ける父娘が、法廷の場で再び直接対決した。

 これまで純白スーツで新生・大塚家具をアピールしてきた大塚久美子社長(47)は、濃紺のスーツで登場。一方の勝久氏が公の場に登場するのは、3月27日の株主総会以来だ。

 勝久氏は08年に大塚家具の株130万株をききょう企画に譲渡。その際、代金15億円の代わりに社債を引き受けた。しかし、社債の償還期限の13年になっても代金は支払われず、訴訟に至っている。久美子氏は「支払いの延長は家族で合意していた」などと主張しているが、関係者の間では「主張に無理があるのでは」と噂されてきた案件だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事