フジ「グッディ!」 三船離婚裁判にカメラ大量投入も“空振り”

公開日:  更新日:

 8日に東京家庭裁判所で弁論準備手続きが行われた三船美佳(32)と「THE虎舞竜」高橋ジョージ(56)の離婚訴訟――。各スポーツ紙は三船、高橋がそれぞれ代理人とともに出廷したことを報じたが、2人の写真を押さえたところはなし。民放各局のワイドショーも同様だったが、取材に一番、熱が入っていたのが視聴率が“どん底”状態のフジテレビだったという。

「各局はカメラ1台ずつだったが、フジのみ複数のカメラを投入。家裁から外に出られるあらゆる出口を記者とカメラマンが手分けして張り込んでいたが、ついに映像を押さえることができなかった」(他局のワイドショー関係者)

 フジがそこまで熱を入れたのは、低迷するあの番組のためだったようだ。

「4月の改編で鳴り物入りでスタートした『直撃LIVE グッディ!』の視聴率が相変わらず低迷している。このままだと、いよいよ打ち切りが叫ばれ始めるので、現場のスタッフや制作サイドはかなり必死。とはいえ、作り方次第ではそれなりの数字が見込める芸能ニュースが最近少ない。というのも、SMAPの中居正広の会見で、事務所からNGを通達されていた父親が亡くなったことを直撃するなど、何かとやらかして芸能取材を自粛中だからです。そこで、視聴者の関心が高く、なおかつ生中継の時間に進行している現場にカメラを集中させているが、結局、空振りに終わった」(フジ関係者)

 視聴者だけでなく、ツキにも見放されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る