妻はあくまで復縁希望 テレ朝Pが踏み込む“ドロ沼離婚裁判”

公開日:  更新日:

「アメトーーク!」や「ロンドンハーツ」など人気番組を手掛けたテレビ朝日の名物プロデューサー、加地倫三氏(46)が不倫問題で大ピンチを迎えている。

 発売中の女性セブンが、加地Pが同局の女性プロデューサーと10年来の不倫関係にあり、近く夫人に対して離婚裁判に入ることを報道。これを受ける形で30日、夫人の代理人が報道各社へ「記事掲載により今回の離婚問題が公になったことは不本意ではありますが、記事の内容については事実」「今後は、倫三氏から離婚訴訟を起こされるとのことですので、その中での解決を図ることになります」という書面を送ったことで泥沼の三角関係が明るみになってしまった。

 加地夫人は若い女に走った亭主に愛想を尽かし、あとは離婚の条件闘争に突入という流れかと思ったら、ちょっと事情が異なるという。夫人の代理人を務める弁護士の田村勇人氏がこういう。

「夫人は離婚したいのではなく、あくまで復縁を望んでいます。加地さんの不倫は許すとも言っている。それは子供たちにとって加地さんはヒーローであり、かけがえのない存在だからです」

 加地Pは不倫相手との再婚を考えているというだけに、裁判は長期化しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る