郵政株より儲かる? 米中緊迫で狙いたい「有事関連株」21銘柄

公開日:  更新日:

 話題沸騰の郵政グループ株より儲かる! ここ数日、鼻の利く兜町関係者は有事関連銘柄に狙いを定めている。

「個人投資家は11月4日に上場する郵政3社に夢中です。初値予想や、上場直後は買いか、売りかといった話ばかりで、普段なら目を向けるテーマも忘れがちになる。それが軍事関連株です。郵政関連株に気を取られていると、儲けのチャンスをみすみす逃してしまう」(市場関係者)

 南シナ海の人工島を巡り、米国と中国が緊迫している。実際にドンパチが始まったら、世界経済の減速懸念で株式市場は暴落するが、「米中の思惑が入り乱れたデキレースのような睨み合いは、関連株が急騰する材料だけにまんざらでもない」(証券アナリスト)という。

 実際、有事銘柄として知られる救難飛行艇関連の新明和工業はジワリと値を上げている。10月中旬に1250円前後だった株価は、ここへきて1350円水準だ。機雷などを手掛ける石川製作所は、同じく90円→95円。郵政フィーバーの裏で静かに上昇を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る