• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対米戦略で日本はスルー 中国に無視された安倍首相のメンツ

 訪中したケリー米国務長官と習近平国家主席の会談が行われた17日、中国の軍拡を伝えるニュースが世界を駆け巡った。カナダの中国語軍事専門誌「漢和防務評論」6月号は、中国空軍が超音速大型爆撃機を開発すると報じたのだ。

「新型爆撃機は、中国にとって初めての開発で、台湾や沖縄などを結ぶ第1列島線を飛び越え、小笠原やグアムを結ぶ第2列島線まで作戦範囲を拡大するのが狙いとみられています。グアムのアンダーセン米空軍基地は、米太平洋空軍の30%が集まる軍事的要衝で、米軍の東南アジア戦略もここがカギ。中国はメンツをかけて、米国への対抗心をむき出しにしているのです」(軍事ジャーナリスト・神浦元彰氏)

 中国の国防費は10年連続2ケタ増で、今年度は17兆円近い。日本の3倍超だ。今月13日には、南シナ海に建設中の滑走路付き人工島の近くを米海軍が航行していたのを見つけると、追跡して威嚇。ロシアとは地中海で合同軍事演習を重ねて連携を図る。経済面では15日、領土問題を棚上げしてインドと1兆2000億円の経済協力で合意。いずれも対米戦略優先で、日本のことは眼中にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る