イージス艦“領海”進入で一気 南シナ海「米中対峙」の緊迫度

公開日:  更新日:

 ついに米中の緊迫が新たな局面を迎えた。27日、米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」が、中国が「領海」と主張する南シナ海南沙諸島の人工島12カイリ(約22キロ)の海域に進入した。中国は即座に「強烈な不満と断固たる反対」を表明し、外務省の陸慷報道局長は「あらゆる必要な措置を取る」と警告した。今後、中国は対抗措置を取ることを宣言したが、それも当然で、米軍の行動は「フリーダム・オブ・ナビゲーション(航行の自由)」という、哨戒活動を目的とした軍事作戦だからだ。

 いよいよ“サヤ当て”が始まったわけだが、南シナ海を舞台にした米中緊迫がすぐに沈静化するとは考えにくい。軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「米軍が12カイリ内の海域で航行することは既定路線でしたが、ギョッとしたのは、派遣したのが小型の水上戦闘艦ではなく、イージス機能を備えたアーレイ・バーク級のミサイル駆逐艦だったことです。ラッセンは巡航ミサイル・トマホーク、対艦ミサイル・ハープーンなどを搭載しています。米国の目的は単なる示威行動でなく、力ずくで人工島造成を阻止するつもりでしょう。一気に緊迫が高まりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る