スマホが月4900円 ソフトバンク「新料金プラン」損か得か

公開日: 更新日:

「正直、どの層に向けて打ち出したプランなのかよく分かりませんね」とブッタ切るのはスマホ評論家の新田ヒカル氏だ。

「1ギガバイトが上限では、ネットをよく使う人ならすぐに超過してしまいます。30分程度の高画質な動画を1本再生すると、数百メガバイト使用します。4、5本見ただけで上限に達してしまうケースもあるでしょう。通話とメールくらいしか使わない人にとっても、使い勝手はイマイチです。かけ放題といっても、1回の通話で5分を超えると、30秒当たり20円の通話料が加算されます。仕事関係、日常ともに会話を5分以内で切るのは簡単ではありません。仮に30分超過すれば、それだけで1200円も加算されてしまうのです。設定の煩雑さに目をつぶれば、圧倒的に“格安スマホ”の方がお得です」

 しばらくは様子を見た方がよさそうだが、今後、ケータイ料金はどう変わるのか。

「他キャリアーも、政府の要請にアリバイ的に応える格好で、ソフトバンクに追随する可能性が高い。結果、3社とも横並びの料金、サービスになるでしょう」(業界関係者)

 ライトユーザーは格安スマホに乗り換えるのが賢明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  10. 10

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る