スマホが月4900円 ソフトバンク「新料金プラン」損か得か

公開日:  更新日:

「正直、どの層に向けて打ち出したプランなのかよく分かりませんね」とブッタ切るのはスマホ評論家の新田ヒカル氏だ。

「1ギガバイトが上限では、ネットをよく使う人ならすぐに超過してしまいます。30分程度の高画質な動画を1本再生すると、数百メガバイト使用します。4、5本見ただけで上限に達してしまうケースもあるでしょう。通話とメールくらいしか使わない人にとっても、使い勝手はイマイチです。かけ放題といっても、1回の通話で5分を超えると、30秒当たり20円の通話料が加算されます。仕事関係、日常ともに会話を5分以内で切るのは簡単ではありません。仮に30分超過すれば、それだけで1200円も加算されてしまうのです。設定の煩雑さに目をつぶれば、圧倒的に“格安スマホ”の方がお得です」

 しばらくは様子を見た方がよさそうだが、今後、ケータイ料金はどう変わるのか。

「他キャリアーも、政府の要請にアリバイ的に応える格好で、ソフトバンクに追随する可能性が高い。結果、3社とも横並びの料金、サービスになるでしょう」(業界関係者)

 ライトユーザーは格安スマホに乗り換えるのが賢明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る