• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ケータイ 「乗り換え割」vs「新プラン待ち」お得なのはどっち?

「ケータイ代を安くせよ」――安倍首相の異例の要請に、3大キャリアーが重い腰を上げている。

 NTTドコモの加藤薫社長は「割安料金プランの新設を検討している」と明言。今年度末をメドにデータ通信容量の最低上限を現状の2ギガから1ギガへ引き下げ、月々の料金を6500円以下に引き下げるという。KDDI、ソフトバンクも同調する見込みだ。

 総務省は、年内に携帯料金の値下げを検討するよう各社に指示を出した。大手携帯会社が「乗り換え割」など、携帯端末機値下げの減収分を、割高な通信料金で補っているとの批判を受けての措置だ。

 そうなると、来年からは通信料は安くなっても「端末代実質0円」「○万円キャッシュバック」などといった、お得な乗り換え割の恩恵は受けられなくなりそうだ。ただ、各社から今後、新たな「割安料金プラン」が続々と打ち出される可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事