地上波NGのお色気企画も 「スマホ向け番組」は手軽さから質へ

公開日:  更新日:

 テレビ離れが止まらない。LINEの田端信太郎・上級執行役員が「20代にとってスマホが本妻、テレビは愛人」と表現していたが、今や映像はスマートフォンやタブレットで見る時代。もっとも、その理由が“いつでも・どこでも”の手軽さばかりにあるのではなく、むしろスマホ向け番組の方が断然面白いのだ。

 今月10日から本格放送が始まった「セクシーショット大百科」(第2・4火曜=22時30分~23時)。初めて番組名を聞いた人がほとんどだろうが、それもそのはず、ドコモが配信するスマホ向け「NOTTV」の番組なのだ。

「謎の和風美女の祥子さんと俳優の飯田基祐さんが司会役となり、番組お決まりのセクシーフリップ拾い、ティッシュネタなどお色気満載でお送りしております。過去のスペシャル版が好評のため、今回レギュラー化させていただきました」(運営会社のmmbi担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る