• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地上波NGのお色気企画も 「スマホ向け番組」は手軽さから質へ

 テレビ離れが止まらない。LINEの田端信太郎・上級執行役員が「20代にとってスマホが本妻、テレビは愛人」と表現していたが、今や映像はスマートフォンやタブレットで見る時代。もっとも、その理由が“いつでも・どこでも”の手軽さばかりにあるのではなく、むしろスマホ向け番組の方が断然面白いのだ。

 今月10日から本格放送が始まった「セクシーショット大百科」(第2・4火曜=22時30分~23時)。初めて番組名を聞いた人がほとんどだろうが、それもそのはず、ドコモが配信するスマホ向け「NOTTV」の番組なのだ。

「謎の和風美女の祥子さんと俳優の飯田基祐さんが司会役となり、番組お決まりのセクシーフリップ拾い、ティッシュネタなどお色気満載でお送りしております。過去のスペシャル版が好評のため、今回レギュラー化させていただきました」(運営会社のmmbi担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る