地上波NGのお色気企画も 「スマホ向け番組」は手軽さから質へ

公開日:  更新日:

 テレビ離れが止まらない。LINEの田端信太郎・上級執行役員が「20代にとってスマホが本妻、テレビは愛人」と表現していたが、今や映像はスマートフォンやタブレットで見る時代。もっとも、その理由が“いつでも・どこでも”の手軽さばかりにあるのではなく、むしろスマホ向け番組の方が断然面白いのだ。

 今月10日から本格放送が始まった「セクシーショット大百科」(第2・4火曜=22時30分~23時)。初めて番組名を聞いた人がほとんどだろうが、それもそのはず、ドコモが配信するスマホ向け「NOTTV」の番組なのだ。

「謎の和風美女の祥子さんと俳優の飯田基祐さんが司会役となり、番組お決まりのセクシーフリップ拾い、ティッシュネタなどお色気満載でお送りしております。過去のスペシャル版が好評のため、今回レギュラー化させていただきました」(運営会社のmmbi担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る