通信費が3分の1に “格安SIM”の選び方と賢い使い方

公開日:  更新日:

「料金の値下げを検討せよ」――安倍首相がそんなことを言いだしたことで、大手携帯キャリアー3社と総務省はテンヤワンヤだ。人気回復策とみられるが、毎月1万円前後といわれるスマホの料金も、契約次第で3分の1に圧縮できるという。どうすればいいのか。

 記者はドコモのスマホで、かけ放題つきの基本使用料は2700円、データ通信は10ギガまで使えるタイプで5000円だ。2年置き程度に機種変更するたび、スタッフに言われるがままのプランを継続。これに端末代の2年分割料金や継続割引、補償サービス、セキュリティー料金などを足し引きすると、毎月約1万5000円、1年で18万円。夫婦で旅行できるくらいのカネがスマホに消えている……。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「スマホがあるなら、大手キャリアーの契約を解約して、格安SIMカードを改めて契約し直せばいいのです。それで、今の契約より毎月1万円程度は浮くはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る