通信費が3分の1に “格安SIM”の選び方と賢い使い方

公開日: 更新日:

「料金の値下げを検討せよ」――安倍首相がそんなことを言いだしたことで、大手携帯キャリアー3社と総務省はテンヤワンヤだ。人気回復策とみられるが、毎月1万円前後といわれるスマホの料金も、契約次第で3分の1に圧縮できるという。どうすればいいのか。

 記者はドコモのスマホで、かけ放題つきの基本使用料は2700円、データ通信は10ギガまで使えるタイプで5000円だ。2年置き程度に機種変更するたび、スタッフに言われるがままのプランを継続。これに端末代の2年分割料金や継続割引、補償サービス、セキュリティー料金などを足し引きすると、毎月約1万5000円、1年で18万円。夫婦で旅行できるくらいのカネがスマホに消えている……。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「スマホがあるなら、大手キャリアーの契約を解約して、格安SIMカードを改めて契約し直せばいいのです。それで、今の契約より毎月1万円程度は浮くはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る