• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年で3回もドロボー被害 不運の建設会社は売り上げ絶好調

 ビックリだ。茨城県小美玉市にある建設会社「飯塚基礎工業」の事務所兼住宅にドロボーが入り、大騒ぎになっている。4日午前5時ごろに金庫が開けられているのが見つかり、現金1000万円が盗まれていたのだが、ドロボーに入られたのがこの3年間で3回目というのだ。

■被害に遭った社長夫人に事情を聞くと…

 現場は駅から離れた山あいにあり、建設会社の社長(71)と妻(66)の2人暮らし。昼間は従業員8人が出入りするという。敷地面積358平方メートルの豪邸だが、さすがに3回は多い。何か防犯対策をしていなかったのか。日刊ゲンダイは被害に遭った妻を直撃した。

 妻が言うには、最初にドロボーに入られたのは3年ほど前で現金100万円が盗まれた。2回目は2年ほど前で現金5万円と預金通帳、印鑑だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る