学習塾の合宿で100台被害 「盗難スマホ」はカネになるのか?

公開日: 更新日:

 大手学習塾「早稲田アカデミー」の生徒がスマホを大量に盗まれた事件にはビックリだ。事件は同校が長野県・志賀高原で開いている夏季合宿で起きた。

「小学生から高校生まで1万2000人が参加する合宿で、中学生340人がスマホや財布などを塾の関係者に預けた。それをロビーの脇に置いていたら盗まれてしまったのです。盗まれたスマホは約100台とみられています」(捜査事情通)

 スマホが盗まれるニュースをよく耳にする。歩きスマホの最中にひったくられる事件も過去に何度か起き、窃盗犯の目的はスマホの転売と報じられた。スマホ評論家の新田ヒカル氏が言う。

「スマホは電源を切り、シムカードを抜くと位置情報を発信しなくなるため、窃盗犯が捕まる可能性が低くなります。被害者が携帯会社に盗難届を出せば、盗んだスマホで電話やメールをしたときにロックがかかって使えなくなる機種もありますが、そうしたセキュリティー機能を備えていない機種もある。盗む側は機種の特性を熟知して、中古市場に流します。iPhone6のような人気機種は電源を切って中国に運び、現地の電波を使えばロックはかからない。中国でも人気があるのですぐに売れます。窃盗犯は1台3万円前後で中古販売業者に売り、お客は業者から7万円前後で買います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る