• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

学習塾の合宿で100台被害 「盗難スマホ」はカネになるのか?

 大手学習塾「早稲田アカデミー」の生徒がスマホを大量に盗まれた事件にはビックリだ。事件は同校が長野県・志賀高原で開いている夏季合宿で起きた。

「小学生から高校生まで1万2000人が参加する合宿で、中学生340人がスマホや財布などを塾の関係者に預けた。それをロビーの脇に置いていたら盗まれてしまったのです。盗まれたスマホは約100台とみられています」(捜査事情通)

 スマホが盗まれるニュースをよく耳にする。歩きスマホの最中にひったくられる事件も過去に何度か起き、窃盗犯の目的はスマホの転売と報じられた。スマホ評論家の新田ヒカル氏が言う。

「スマホは電源を切り、シムカードを抜くと位置情報を発信しなくなるため、窃盗犯が捕まる可能性が低くなります。被害者が携帯会社に盗難届を出せば、盗んだスマホで電話やメールをしたときにロックがかかって使えなくなる機種もありますが、そうしたセキュリティー機能を備えていない機種もある。盗む側は機種の特性を熟知して、中古市場に流します。iPhone6のような人気機種は電源を切って中国に運び、現地の電波を使えばロックはかからない。中国でも人気があるのですぐに売れます。窃盗犯は1台3万円前後で中古販売業者に売り、お客は業者から7万円前後で買います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る