六代目山口組ナンバー2に“ケンカを売った”京都の有名人 そして弘道会壊滅に動く愛知県警

公開日: 更新日:

 愛知県警中署は9月15日、山口組弘道会系組長の佐竹憲治容疑者(52歳)ら2人を逮捕した。京都の料亭の所有権移転をめぐり、会社役員の20代男性に「おれはヤクザだから殺すのが仕事だ。裁判を取り下げろ」と裁判所への申し立てを取り下げるよう脅したとされる。

 京都の会社役員への事件でなぜ、愛知県警が動いたのか。また、一般の会社員がいまや日本最大の暴力団とも呼ばれるようになった弘道会に喧嘩を売るような告発をなぜできたのか。事情に詳しい人物が次のように説明する。

■高山組に喧嘩を売った男

「佐竹容疑者を告発したのは、安田英全(英伝)氏という京都では有名な男性です。もう80歳くらいかな。許永中や高山登久太郎(会津小鉄会四代目会長)とも仕事をしてきた、ヤクザとの付き合いも多い人物。私は安田氏は宅見勝(五代目山口組若頭)の紹介で2、3回くらい会いました。安田氏は自分が表に出れんから息子に会社の代表をやらせていた。5億円ともいわれている今回の京都の物件で佐竹容疑者たちと取引して所有権を移転したら、佐竹容疑者が手付金の1800万円しか支払わんかったそうです。権利を移転したら金を払わないというヤクザの手口ですな。それで安田氏側が裁判所に所有権移転の仮差し止めをしたところ、佐竹容疑者が安田氏を呼び出し、同行してきた息子をこっぴどく脅したそうだ。それで安田氏は頭にきて、京都府警に告発したんだが相手にされず、大阪府警に持っていったが、そこでも相手にされなかった。そうこうしたら愛知県警が話を聞かせてくれときたそうだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?