任天堂株がストップ安 兜町の“ポケモンGO狂騒曲”は終了か

公開日:  更新日:

 兜町も「ポケモンGO」に振り回されている。25日は、先週まで爆騰を続けていた任天堂の株価が失速。ストップ安(5000円安)まで売り込まれた。

「とにかく過熱感が凄まじかったので、一度、冷静になる必要はあったでしょう。ここから先は上がる株と、そうでもない株をキッチリと見極める必要があります。ポケモンGOで遊ぶとスマホの充電があっという間になくなります。エレコムなどの充電器メーカーや、それを販売する量販店、コンビニの恩恵は大きいでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 “任天堂フィーバー”の始まりは、アメリカなど3カ国で「ポケモンGO」の配信がスタートした7月6日だ。任天堂の株価は1万4380円(6日終値)だったが、その後、3万2700円まで急騰し、約2.3倍になった。

■関連銘柄も総崩れ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る