任天堂株がストップ安 兜町の“ポケモンGO狂騒曲”は終了か

公開日:  更新日:

 兜町も「ポケモンGO」に振り回されている。25日は、先週まで爆騰を続けていた任天堂の株価が失速。ストップ安(5000円安)まで売り込まれた。

「とにかく過熱感が凄まじかったので、一度、冷静になる必要はあったでしょう。ここから先は上がる株と、そうでもない株をキッチリと見極める必要があります。ポケモンGOで遊ぶとスマホの充電があっという間になくなります。エレコムなどの充電器メーカーや、それを販売する量販店、コンビニの恩恵は大きいでしょう」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 “任天堂フィーバー”の始まりは、アメリカなど3カ国で「ポケモンGO」の配信がスタートした7月6日だ。任天堂の株価は1万4380円(6日終値)だったが、その後、3万2700円まで急騰し、約2.3倍になった。

■関連銘柄も総崩れ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る