公認候補が大量離党 民進党・蓮舫代表は都議選をどう戦う

公開日: 更新日:

  ―――総選挙ですが、野党共闘は進んでいるのでしょうか。

 野党連携は今も動いています。

  ―――共闘? 連携? どういう形をお考えですか。

 岡田克也前代表が言っていたように、できうる限りの協力はやっていきます。全国一律ではなく、選挙区ごとの状況も含めて、オーダーメードで。小選挙区のすみ分けや政策の共有など、どういう連携ができるかを、今、野党4党の選挙責任者と政策責任者がひとつずつ詰めています。

(聞き手=本紙・小塚かおる)

▽れんほう 1967年、東京生まれ。幼稚園から大学まで青山学院(法学部卒)。大学在学中に「第14代クラリオンガール」に選ばれ芸能界デビュー。司会や報道キャスターを務めた後、04年の参院選で初当選(東京選挙区)。現在、3期目。民主党政権時に行政刷新担当相、消費者及び食品安全担当相。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る