• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

住銀・イトマン<下>“磯田天皇”の親バカが傷口を広げた

「園子です、河村さん。早速ですが、実はピサが買い付けを予定しているロートレック・コレクションの絵画類があるんです。イトマンさんで買っていただけませんでしょうか」

 首都高速を走行中のイトマン社長・河村良彦の自動車電話に一本の電話がかかってきた。電話の主は住友銀行会長・磯田一郎の娘、黒川園子。1989年11月のことだった。

 磯田には男女2人の子供がいた。長女が園子。磯田は「園子、園子」と目の中に入れても痛くないほど溺愛した。園子はバツイチで、黒川洋と再婚した。園子は、家庭におさまるタイプではなかった。82年7月、セゾングループ系の美術品・宝飾品を販売するピサの嘱託社員となった。セゾングループ代表の堤清二に磯田が頼み込んだ。

 河村は公私にわたって園子の面倒を見てきた。園子からの、この一本の電話が、ヤミの仕掛け人たちがイトマンを足場に住銀に駆け上がっていくきっかけとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る