有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

住銀・イトマン<下>“磯田天皇”の親バカが傷口を広げた

公開日:

「園子です、河村さん。早速ですが、実はピサが買い付けを予定しているロートレック・コレクションの絵画類があるんです。イトマンさんで買っていただけませんでしょうか」

 首都高速を走行中のイトマン社長・河村良彦の自動車電話に一本の電話がかかってきた。電話の主は住友銀行会長・磯田一郎の娘、黒川園子。1989年11月のことだった。

 磯田には男女2人の子供がいた。長女が園子。磯田は「園子、園子」と目の中に入れても痛くないほど溺愛した。園子はバツイチで、黒川洋と再婚した。園子は、家庭におさまるタイプではなかった。82年7月、セゾングループ系の美術品・宝飾品を販売するピサの嘱託社員となった。セゾングループ代表の堤清二に磯田が頼み込んだ。

 河村は公私にわたって園子の面倒を見てきた。園子からの、この一本の電話が、ヤミの仕掛け人たちがイトマンを足場に住銀に駆け上がっていくきっかけとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る