有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

住銀・イトマン<上>戦後最大の経済事件で暗躍した人々

公開日:

 2019年5月1日に新元号にかわる。1989(平成元)年12月29日に、日経平均株価は3万8915円の史上最高値をつけた。だが、株価はそこから急落。日本はバブル崩壊の道を歩み始める。金融・経済危機が頻発。政界・官界・経済界を巻き込んだ象徴的な事件を、主役を張った人物にフォーカスを当てるかたちで振り返ってみる。新時代にどんな教訓をもたらしたのか――。

 1回目は3000億円が闇に消えた「住銀・イトマン」である。

 住友銀行と大阪の中堅商社・イトマンを舞台に繰り広げられた戦後最大の経済事件といわれている。戦後最大といわれるゆえんは被害金額の大きさ。筆者は「住友銀行暗黒史」(さくら舎刊)で被害総額は6000億円と試算した。住銀のトップだけではない、闇社会のオールキャストが結集したからである。

■醜聞の出発点は平和相銀の買収劇

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る