ストライプインターナショナル石川康晴社長<4>いずれ誰かがやるなら自分が

公開日:

 奇想天外なアイデアで次々に新規事業を展開し、「ストライプインターナショナル」を年商1300億円のアパレル企業に育て上げた創業社長の石川康晴。

 いま大ヒットしているのが、「メチャカリ」という事業だ。このビジネスは、乱暴に言ってしまうと、最新の人気婦人服をネットを通じてレンタルし、その後、その服を中古品として売るというものだ。アパレル業界にとって、このビジネスは画期的というか、タブーに近い。せっかくの最新ファッションを高値で売るチャンスを失う恐れがあるからだ。なぜ、石川はこの新事業を始めたのか。

「この数年、さまざまなシェアリングが誕生しています。僕たちがやらなくても、いずれIT業者など、誰かがファッションのレンタルを開始するだろうと思っていました。だったら、ファッションを本業とする自分たちがその先駆けになろうと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る