“第四新卒”を積極採用 「森下仁丹」V字回復させた異色社長

公開日:

 結果、30~60代の10人を採用。IT企業出身の40代、医薬品メーカーを定年まで勤め、第二の人生を森下仁丹に懸けたいという60代など経歴はさまざまだが、採用するにあたって重要だったのは何か。

「サッカーにフォワードやディフェンダーなどポジションごとに役割があるように、会社も経営戦略に不可欠な人材を採用します。その中で彼らに共通していたのはマインドです。例えば、面接において私があえておかしな意見を言った時に迎合せず、建設的に自分の意見を主張できるかどうか。上にお伺いを立てるのではなく、事業を成功させて自分がのし上がってやろうというハングリー精神があることが、企業の業績を上げていくためには大切だと思うのです」

■下の世代のカンフル剤に

 実は駒村氏自身も2003年に52歳で三菱商事から異業種である森下仁丹に転職した「第四新卒者」。当時、森下仁丹は赤字額30億円という危機的状況に陥っていた。執行役員として入社した駒村氏は“老舗企業”というブランドに慢心する会社の体質を改善し、わずか3年でV字回復を成し遂げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る