老いる田園都市…人気路線を買っていいのはどの駅まで?

公開日:

 東京・渋谷と神奈川・中央林間を結ぶ東急田園都市線。三軒茶屋や二子玉川といったオシャレな住宅地を抱え、首都圏の住みたい沿線(2018年、SUUMO調べ)でも6位にランクインしている人気路線だ。

 しかし今、戸建てを中心に空き家が増え、人気に陰りが見え始めているという。先月、日経新聞(7月3日付)が「老いる多摩田園都市」という見出しで、住民の高齢化が進み、宅地に買い手がつきにくくなっている現状を報じた。

「理由のひとつは路線の歴史にあります」

 そう話すのは不動産ジャーナリストの榊淳司さん。田園都市線(溝の口~長津田間)が開通したのは1966年のこと。東京急行電鉄は線路の建設とともに周辺の開発も手掛け、大規模な都市づくりを行った。その田園都市を有名にしたのが80年代のテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」だ。郊外の住宅地に住む裕福な妻たちの不倫を描いたドラマ“金妻”は大ヒットし、舞台となったたまプラーザを中心に田園都市は高級住宅街というイメージが定着した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る