• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

副業に向く人とは…マッチング年間230件で見えた共通点4つ

 働き方改革の一環として、官民挙げて推進されている副業や兼業。その是非はさておき、働く人のキャリアやスキルはもちろん、本人が置かれている本業の雇用環境などによって向き不向きがあるという。「遊ぶ金が足りないからとりあえず副業でもやってみるか」と安易に飛びつくのは危険だ。

 実情を詳しく話してくれたのは、多くの“副業社員”を見ている株式会社「シューマツワーカー」の代表取締役CEO・松村幸弥氏。同社はDeNAやヤフー、メルカリなど、社員の副業を認めるメガベンチャーなどのIT技術者に、資金力に乏しいスタートアップ企業での仕事を業務委託の形で紹介するサービスを展開。この1年で230を超す案件をマッチングしてきた。週10~15時間、3カ月から1年間の長期契約を結ぶIT技術者が多いという。

「週末に限らず、平日も朝や夜に自宅などでリモートワークしています。中には本業のミッションさえこなしていれば平日の勤務時間中も副業OKの方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る