予備群には朗報 アルコール抑制薬は依存症患者を救えるか

公開日: 更新日:

 ワイドショーを賑わした元TOKIO山口達也の一連の事件を横目に、アラフォーにして初の育児に追われる日々。週刊誌記者時代は、スクープつまみに酒を飲むのが日常だったが、フリーになり、今は締め切りに加え、家事と育児のストレスからくる寂しい一人晩酌の日々を過ごしている。ふと気が付いた! 私、山口達也化してきてないだろうか……。

 2年前はチューハイ1缶だけだったのが、気が付けば、日に日にワインに焼酎にと酒の量が増加してきている。休肝日もゼロ。今日こそ酒を控えようと思うが、子供を寝かしつけるやいなや、冷蔵庫に向かい、プシュッと、アルコール缶を開ける日々。もしかして私、依存症になりかけている?

 そんな折、酒が飲みたくなくなる「ナルメフェン」という薬が発売されるという情報を聞きつけた。いったい、どんな薬なのか。国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る