予備群には朗報 アルコール抑制薬は依存症患者を救えるか

公開日:

 ワイドショーを賑わした元TOKIO山口達也の一連の事件を横目に、アラフォーにして初の育児に追われる日々。週刊誌記者時代は、スクープつまみに酒を飲むのが日常だったが、フリーになり、今は締め切りに加え、家事と育児のストレスからくる寂しい一人晩酌の日々を過ごしている。ふと気が付いた! 私、山口達也化してきてないだろうか……。

 2年前はチューハイ1缶だけだったのが、気が付けば、日に日にワインに焼酎にと酒の量が増加してきている。休肝日もゼロ。今日こそ酒を控えようと思うが、子供を寝かしつけるやいなや、冷蔵庫に向かい、プシュッと、アルコール缶を開ける日々。もしかして私、依存症になりかけている?

 そんな折、酒が飲みたくなくなる「ナルメフェン」という薬が発売されるという情報を聞きつけた。いったい、どんな薬なのか。国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る