予備群には朗報 アルコール抑制薬は依存症患者を救えるか

公開日: 更新日:

 ワイドショーを賑わした元TOKIO山口達也の一連の事件を横目に、アラフォーにして初の育児に追われる日々。週刊誌記者時代は、スクープつまみに酒を飲むのが日常だったが、フリーになり、今は締め切りに加え、家事と育児のストレスからくる寂しい一人晩酌の日々を過ごしている。ふと気が付いた! 私、山口達也化してきてないだろうか……。

 2年前はチューハイ1缶だけだったのが、気が付けば、日に日にワインに焼酎にと酒の量が増加してきている。休肝日もゼロ。今日こそ酒を控えようと思うが、子供を寝かしつけるやいなや、冷蔵庫に向かい、プシュッと、アルコール缶を開ける日々。もしかして私、依存症になりかけている?

 そんな折、酒が飲みたくなくなる「ナルメフェン」という薬が発売されるという情報を聞きつけた。いったい、どんな薬なのか。国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る