前川喜平氏もボランティアに 「夜間中学」知られざる実態

公開日: 更新日:

「人生100年時代」といわれ、多くの人が70歳以降も働き続ける世の中になると、その間、ひとつの会社で働き続けるのではなく、転職や起業をしたり、知識や技能を深めたりするのが当たり前になるという。特に、こうした労働期間の長期化、AIなどのITの進化でもたらされる変化に対応するため、大学院や専門教育機関で学び直す人が増えていくと予想される。

 その一方で、いじめによるひきこもり、病気や家庭内でのDV、経済的な事情で義務教育の期間に学ぶことができなかった“こぼれ落ちた”人たちの「学び直し」にも焦点が当たりつつある。今、学校に通えない人、通えなかった人が、社会で必要な基礎学力を身につける「学び直し」の場として、「夜間中学」が受け皿になり始めているのだ。

「夜間中学」というと、戦後から高度経済成長期にかけて、昼間働いている若者が基礎学力を身につける場所というイメージを持つ人が多いだろう。高度成長期以降、進学率の上昇とともにその役割を終えたと思われた夜間中学が、時代とともにその姿を変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る