前川喜平氏もボランティアに 「夜間中学」知られざる実態

公開日:

「人生100年時代」といわれ、多くの人が70歳以降も働き続ける世の中になると、その間、ひとつの会社で働き続けるのではなく、転職や起業をしたり、知識や技能を深めたりするのが当たり前になるという。特に、こうした労働期間の長期化、AIなどのITの進化でもたらされる変化に対応するため、大学院や専門教育機関で学び直す人が増えていくと予想される。

 その一方で、いじめによるひきこもり、病気や家庭内でのDV、経済的な事情で義務教育の期間に学ぶことができなかった“こぼれ落ちた”人たちの「学び直し」にも焦点が当たりつつある。今、学校に通えない人、通えなかった人が、社会で必要な基礎学力を身につける「学び直し」の場として、「夜間中学」が受け皿になり始めているのだ。

「夜間中学」というと、戦後から高度経済成長期にかけて、昼間働いている若者が基礎学力を身につける場所というイメージを持つ人が多いだろう。高度成長期以降、進学率の上昇とともにその役割を終えたと思われた夜間中学が、時代とともにその姿を変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る