前川喜平氏もボランティアに 「夜間中学」知られざる実態

公開日: 更新日:

「人生100年時代」といわれ、多くの人が70歳以降も働き続ける世の中になると、その間、ひとつの会社で働き続けるのではなく、転職や起業をしたり、知識や技能を深めたりするのが当たり前になるという。特に、こうした労働期間の長期化、AIなどのITの進化でもたらされる変化に対応するため、大学院や専門教育機関で学び直す人が増えていくと予想される。

 その一方で、いじめによるひきこもり、病気や家庭内でのDV、経済的な事情で義務教育の期間に学ぶことができなかった“こぼれ落ちた”人たちの「学び直し」にも焦点が当たりつつある。今、学校に通えない人、通えなかった人が、社会で必要な基礎学力を身につける「学び直し」の場として、「夜間中学」が受け皿になり始めているのだ。

「夜間中学」というと、戦後から高度経済成長期にかけて、昼間働いている若者が基礎学力を身につける場所というイメージを持つ人が多いだろう。高度成長期以降、進学率の上昇とともにその役割を終えたと思われた夜間中学が、時代とともにその姿を変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る