• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前川喜平氏もボランティアに 「夜間中学」知られざる実態

「人生100年時代」といわれ、多くの人が70歳以降も働き続ける世の中になると、その間、ひとつの会社で働き続けるのではなく、転職や起業をしたり、知識や技能を深めたりするのが当たり前になるという。特に、こうした労働期間の長期化、AIなどのITの進化でもたらされる変化に対応するため、大学院や専門教育機関で学び直す人が増えていくと予想される。

 その一方で、いじめによるひきこもり、病気や家庭内でのDV、経済的な事情で義務教育の期間に学ぶことができなかった“こぼれ落ちた”人たちの「学び直し」にも焦点が当たりつつある。今、学校に通えない人、通えなかった人が、社会で必要な基礎学力を身につける「学び直し」の場として、「夜間中学」が受け皿になり始めているのだ。

「夜間中学」というと、戦後から高度経済成長期にかけて、昼間働いている若者が基礎学力を身につける場所というイメージを持つ人が多いだろう。高度成長期以降、進学率の上昇とともにその役割を終えたと思われた夜間中学が、時代とともにその姿を変えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る