• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<7>安全対策探して奔走

 もう二度と事故は起こさないと、平山は心に誓った。

「今までも安全対策を決して適当にやっていたわけではありませんが、もっと徹底して考え直す必要があると思いました」

 まずは、半年間かけて専門家たちに会い、バス事故について分析、原因を追究した。

「その結果、分かったことは、高速バスの重大事故は、居眠り運転と突発的な病による運転不能状態、この2つに尽きるということ。それならば、これを起こさないようにすればいいと思いました」

 2016年、平山はウィラーエクスプレスジャパン(現ウィラーエクスプレス)の社長に就任すると、最先端技術を活用した安全対策を最重要課題に掲げた。

「バス業界は、まだまだアナログの世界です。経験と勘に頼る部分が大きい。それは確かに大事ではあるけれども、それだけでは不十分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る