WHILL 杉江理CEO<1>悪路も走破可能の電動車椅子ベンチャー

公開日: 更新日:

「いろいろ話を聞いて、関西のほうが楽しそうだなと思っていました。それと、兄が組手をやっていたので、じゃあこっちは打撃をやろうと」

 結局、ボクシングができる京都の大学ということで希望が合致したのが、立命館大学だった。

 入学後は希望通りボクシング部に入部。早速、京都の新人戦で優勝し、近畿大会に出場。ゆるいサークルなどに所属するのではなく、「何事も真剣にやりたいタイプ」とのこと。京都は観光客だけでなく、市内に多くの大学が点在するため学生も多い。杉江氏もそんな歴史ある街で、昼は授業と部活、夜はアルバイトと充実した生活を送った。

 そして、学年が上がるにつれ、将来について考えるようになると、デザインの仕事に就くことに決め、大学4年のときに専門学校にも通いプロダクトデザインの勉強を始めた。そして、自動車メーカー日産への就職を希望するも、入社試験に通らなかった。しかし、翌年もう1度チャレンジし、念願の入社を果たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る