津田塾大学 島田精一理事長<1>経営者の視点で新学部構想

公開日: 更新日:

 5年後、紙幣に描かれる肖像が一新される。1万円札が日本資本主義の父・渋沢栄一、1000円札がペスト菌の発見者・北里柴三郎、そして5000円札が女子教育の先駆者・津田梅子――。

 今から150年近く前、梅子は岩倉使節団に随行して渡米。6歳の時だった。この梅子が女性の自立を目的に創設したのが女子英学塾。現在の津田塾大(東京・小平市)である。

 同大では最近、大きな変化が起きている。2年前、女子大では初となる総合政策学部を都心の千駄ケ谷に新設。キャンパスも小平と2つにまたがり、それまでの単一学部から複数学部体制に移行した。

 この改革の立役者が6年前から同大で理事長を務める島田精一氏(81)だ。三井物産副社長、日本ユニシス社長、住宅金融支援機構理事長などを歴任。プロ経営者の視点で新学部構想に取り組み、成功に導いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る