日本航空 赤坂祐二社長<1>日航ジャンボ機墜落は“私の原点”

公開日: 更新日:

 日本航空(JAL)は、言わずと知れた日本を代表する航空会社である。

 赤坂が入社を決めたのは、1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故がきっかけだった。

 東大大学院で航空工学を学んでいた赤坂にとって、520人もの犠牲者を出した航空事故は非常にショッキングな出来事として胸に刻まれた。

 当時、大学の研究室にも事故調査の協力を依頼され、赤坂自身もデータ解析の手伝いをした。

「今考えると、そんなことも影響したような気がします」

 もともとは、飛行機の設計をする仕事に就きたいと思っていた。

 しかし、この事故によって、飛行機を安全に飛ばすことのほうが、飛行機を造ること以上に大切なのではないかという思いが強くなり、赤坂の歩むべき道を決定づけたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る