銚子丸 石田満社長<1>顧客満足度ナンバーワンの回転寿司

公開日: 更新日:

 銚子丸は、日経トレンディなど主要雑誌数誌で軒並み顧客満足度ナンバーワンを獲得している人気の回転寿司店だ。100円寿司よりも単価は上がるが、ネタの良さで勝負をするグルメ回転寿司の中ではダントツの店舗数90店舗を誇る。

 現在、1都3県のみの出店にとどめているのも、ネタの新鮮さを損ねないためだ。

「特に、本マグロにはこだわっています」と、石田は胸を張る。

 もうひとつの特徴は、店を劇場空間に見立てた活気のある接客サービスにある。店内は舞台、お客は観客、そして店員は劇団員と位置づけている。板前のリーダーが“座長”、ホールの責任者が“おかみ”と呼ばれるのも、単なる職人やホール担当者にとどまらない心遣いやエンターテインメント性が求められているからだ。

 銚子丸は堀地速男・ヒロ子夫妻が1977年に創業以来、二人三脚で会社を育ててきた。 しかし、速男が病を患い、後継者を探す中で白羽の矢を立てたのが、回転寿司業界とは無縁の道を歩んできた石田だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る