セントラルスポーツ 後藤忠治会長<1>五輪出場が人生の挫折

公開日: 更新日:

 1964年の東京五輪から56年ぶり、2度目の東京五輪が1年後に迫っている。フィットネス業界大手のセントラルスポーツ株式会社は、その56年前の東京五輪出場者たちがつくった会社だ。会長の後藤忠治は競泳選手として、100メートル自由形11位、4×100メートル自由形リレー4位の成績をおさめた。立派な実績だが、後藤にとっては人生最大の挫折だった。その経験からセントラルスポーツを設立し、鈴木大地選手(ソウル五輪金メダリスト、現スポーツ庁長官)ら多くのオリンピアンを輩出する原動力となった。

 1941年12月、東京・葛飾区柴又生まれ。直後に太平洋戦争が勃発し、父・重三はインドネシア・ティモール島に出征。残された母・志ツと6歳上の姉、3歳上の兄、母の腹の中の弟とともに、母方の祖父の実家の石川県へ疎開した。

「当時のことはうろおぼえですね。泣き虫だったので、“なまはげ(あまめはぎ)”に脅されて泣いたこと、母に後ろから支えられてラジオの前に立って玉音放送を聞いたこと、終戦後に東京へ戻って真っ黒な父に会い、『この人誰だろう!?』と驚いた記憶ぐらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る