• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山がちぐはぐプレーで出遅れ 5差1オーバー41位タイ発進

【WGCメキシコ選手権】

 世界ランク4位に上昇すると、松山英樹(25)のペアリングも豪華になる。初日、2日目は同1位のD・ジョンソン(32)と、メジャー4勝の同3位R・マキロイ(27)だ。悲願のメジャー優勝には直接対決で上位に立ち、自信と経験を積んでおくことが必要だが、2人にかなわなかった。

「ショートゲームがうまくいかないから2打目に無理をしてドタバタした。グリーンが難しい。ストロークもよくない。明日に向けてパッティングを修正したい」(松山)

 コースが海抜2400メートルの高地にあって、ボールが飛び過ぎて番手選びに悩み、さらにポアナ芝のグリーンに苦しんだ。

 イン発進の前半は11番、12番、14番とボギーが続いた。12番は8メートルのバーディーパットが、同じ距離だけカップをオーバーして3パットボギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る