日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山がちぐはぐプレーで出遅れ 5差1オーバー41位タイ発進

【WGCメキシコ選手権】

 世界ランク4位に上昇すると、松山英樹(25)のペアリングも豪華になる。初日、2日目は同1位のD・ジョンソン(32)と、メジャー4勝の同3位R・マキロイ(27)だ。悲願のメジャー優勝には直接対決で上位に立ち、自信と経験を積んでおくことが必要だが、2人にかなわなかった。

「ショートゲームがうまくいかないから2打目に無理をしてドタバタした。グリーンが難しい。ストロークもよくない。明日に向けてパッティングを修正したい」(松山)

 コースが海抜2400メートルの高地にあって、ボールが飛び過ぎて番手選びに悩み、さらにポアナ芝のグリーンに苦しんだ。

 イン発進の前半は11番、12番、14番とボギーが続いた。12番は8メートルのバーディーパットが、同じ距離だけカップをオーバーして3パットボギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事