ミスにも淡々 松山英樹の大会連覇勝因を心理学者が分析

公開日:

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンを連覇した松山英樹(24)。そのプレーぶりを見て感心したのが、スポーツ心理学者の児玉光雄氏(追手門学院大学客員教授)だ。

「今季の松山はこれまで以上に堂々として見える。ミスしても過剰に反応することなく淡々とプレーを続けている。3日目は2万人収容の観客席が名物の16番でピンそば30センチにつけた。この日は約130ヤードとプロにとっては短いパー3だったが、大観衆に囲まれる異様な雰囲気で、いわゆるベタピンの選手は少なかった。松山は打つまでのルーティン(決まった動作)やプレーリズムも一定ですから大きく崩れることがない。今大会、4日間のパーオン率(80.56%)は出場選手中2位。バーディーチャンスが多かったことも勝因です。今はスコアを気にすることなく、目の前のボールとスイングだけに集中している。今季は常に上位争いをしている(6試合で優勝2回、2位2回)のも納得です。アスリートが理想とする心理状態で戦っているように見えます。4月のマスターズは、2年連続ベスト10入りしている相性のいい大会。今年は非常に楽しみです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る