ミスにも淡々 松山英樹の大会連覇勝因を心理学者が分析

公開日:

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンを連覇した松山英樹(24)。そのプレーぶりを見て感心したのが、スポーツ心理学者の児玉光雄氏(追手門学院大学客員教授)だ。

「今季の松山はこれまで以上に堂々として見える。ミスしても過剰に反応することなく淡々とプレーを続けている。3日目は2万人収容の観客席が名物の16番でピンそば30センチにつけた。この日は約130ヤードとプロにとっては短いパー3だったが、大観衆に囲まれる異様な雰囲気で、いわゆるベタピンの選手は少なかった。松山は打つまでのルーティン(決まった動作)やプレーリズムも一定ですから大きく崩れることがない。今大会、4日間のパーオン率(80.56%)は出場選手中2位。バーディーチャンスが多かったことも勝因です。今はスコアを気にすることなく、目の前のボールとスイングだけに集中している。今季は常に上位争いをしている(6試合で優勝2回、2位2回)のも納得です。アスリートが理想とする心理状態で戦っているように見えます。4月のマスターズは、2年連続ベスト10入りしている相性のいい大会。今年は非常に楽しみです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る