遠い1勝目…横峯さくらはなぜ米国ツアーにしがみつく?

公開日: 更新日:

【ISPSハンダ豪州女子オープン 初日】

 横峯さくら(31)の米ツアー3年目がスタートした。アウト発進の初日は2番1.5メートル、3番2.5メートルの連続バーディーと好調な滑り出しを見せたが、その後は2バーディー、3ボギーとスコアを落として1アンダー41位タイと出遅れた。

「スコアはもっと伸ばせたかなと思います。今年の目標は日米の優勝を目指して頑張りたいと思っていた。そういう気持ちでプレーした」(横峯)

 横峯は日本で23勝を挙げて賞金女王タイトル(2009年)も手にしている。しかし米ツアーでは1勝目が遠い。さらに日本女子ツアー101試合連続予選通過記録を持ちながら、昨季は30試合に出場して9度も予選落ち。最高成績はポートランドクラシック10位と優勝争いに絡めず、賞金ランクはシード権(80位まで)にやっとの71位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る