• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WR1位浮上狙う松山英樹 “勲章なきトップ”では意味なし

【ジェネシス・オープン】

 前戦のフェニックス・オープンで米ツアー4勝目を挙げ、パワーランキング(優勝予想)2番手の松山英樹(24)。初日は濃霧による中断を挟んだ影響で、競技は日没サスペンデッドに。2戦連続優勝を狙う松山英樹は2ホールを残し1アンダーで暫定51位タイだ。

 今大会は2014年23位、15年4位、16年11位とコースとの相性は悪くない。現在、世界ランク(WR)5位につけており、優勝すれば1位のJ・デイや3位D・ジョンソンの成績次第では日本人プロ初のトップに立つ、とゴルフメディアがソワソワしだした。

 本人はいたって冷静で、「デイの成績を左右することはできない。いいプレーをして、今週でなくてもいつか(WR1位)達成できたらすごくうれしい」と語った。

 初日はデイと、今季3勝マークのJ・トーマスと同組のラウンドになり、大会関係者も松山に注目しているのがよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る