• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米ツアーで不調続く畑岡奈紗に「参戦早すぎたかも」の声

【ホンダLPGAタイランド 最終日】

 昨年の日本女子オープンに勝ってプロ転向し、今年から米女子ツアーに挑戦している畑岡奈紗(18)の調子が上がらない。初戦は予選落ち(1アンダー)、2戦目30位(イーブンパー)、3戦目の今大会は宮里藍(31)と同じ通算3オーバー56位に終わった。

 インから1オーバー発進の最終日は、前半34、後半40と波が大きかった。

「前半は良かったのに、後半はボロボロでした。ピン位置も難しかった」(畑岡)

 全豪シニアオープンチャンピオンの田原紘プロが、ルーキーイヤーの宮里藍と比べて「パッティングの自信の持ち方が全然違う。畑岡の米ツアー挑戦は早すぎたかもしれない」と指摘する。

「宮里は日本ツアーで12勝を挙げて20歳の時に海を渡った。パターとアプローチに関してはすでに絶対の自信を持っていた。だからショットが少し曲がっても、72ホールのゲームプランを組み立てることができた。しかし、畑岡は宮里よりも飛ぶけれど、スイングにこだわるタイプ。ボールが曲がりだすとパッティングへの神経が鈍ってしまう。72ホールを組み立てるショット力がまだ足りない。マネジメント力でいえば、20歳だった宮里のほうがはるかに高い。畑岡はツボにはまれば爆発力はあるけれど、何が足りないのか、本人もまだ気づいていないかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る