米ツアーで不調続く畑岡奈紗に「参戦早すぎたかも」の声

公開日: 更新日:

【ホンダLPGAタイランド 最終日】

 昨年の日本女子オープンに勝ってプロ転向し、今年から米女子ツアーに挑戦している畑岡奈紗(18)の調子が上がらない。初戦は予選落ち(1アンダー)、2戦目30位(イーブンパー)、3戦目の今大会は宮里藍(31)と同じ通算3オーバー56位に終わった。

 インから1オーバー発進の最終日は、前半34、後半40と波が大きかった。

「前半は良かったのに、後半はボロボロでした。ピン位置も難しかった」(畑岡)

 全豪シニアオープンチャンピオンの田原紘プロが、ルーキーイヤーの宮里藍と比べて「パッティングの自信の持ち方が全然違う。畑岡の米ツアー挑戦は早すぎたかもしれない」と指摘する。

「宮里は日本ツアーで12勝を挙げて20歳の時に海を渡った。パターとアプローチに関してはすでに絶対の自信を持っていた。だからショットが少し曲がっても、72ホールのゲームプランを組み立てることができた。しかし、畑岡は宮里よりも飛ぶけれど、スイングにこだわるタイプ。ボールが曲がりだすとパッティングへの神経が鈍ってしまう。72ホールを組み立てるショット力がまだ足りない。マネジメント力でいえば、20歳だった宮里のほうがはるかに高い。畑岡はツボにはまれば爆発力はあるけれど、何が足りないのか、本人もまだ気づいていないかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る