米ツアーで不調続く畑岡奈紗に「参戦早すぎたかも」の声

公開日:  更新日:

【ホンダLPGAタイランド 最終日】

 昨年の日本女子オープンに勝ってプロ転向し、今年から米女子ツアーに挑戦している畑岡奈紗(18)の調子が上がらない。初戦は予選落ち(1アンダー)、2戦目30位(イーブンパー)、3戦目の今大会は宮里藍(31)と同じ通算3オーバー56位に終わった。

 インから1オーバー発進の最終日は、前半34、後半40と波が大きかった。

「前半は良かったのに、後半はボロボロでした。ピン位置も難しかった」(畑岡)

 全豪シニアオープンチャンピオンの田原紘プロが、ルーキーイヤーの宮里藍と比べて「パッティングの自信の持ち方が全然違う。畑岡の米ツアー挑戦は早すぎたかもしれない」と指摘する。

「宮里は日本ツアーで12勝を挙げて20歳の時に海を渡った。パターとアプローチに関してはすでに絶対の自信を持っていた。だからショットが少し曲がっても、72ホールのゲームプランを組み立てることができた。しかし、畑岡は宮里よりも飛ぶけれど、スイングにこだわるタイプ。ボールが曲がりだすとパッティングへの神経が鈍ってしまう。72ホールを組み立てるショット力がまだ足りない。マネジメント力でいえば、20歳だった宮里のほうがはるかに高い。畑岡はツボにはまれば爆発力はあるけれど、何が足りないのか、本人もまだ気づいていないかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る