井上尚弥 WBSS制覇で得た世界一稼ぐ軽量級ボクサーへの道

公開日: 更新日:

「この日の試合は新旧王者の世代交代という演出面でも話題になった。今後、井上を米国中心にプロデュースしていくのに、うってつけの材料でしょう。軽量級はアジア人王者が多く、日本人も井上をはじめ、4大タイトルで世界王者が5人もいる。トップランク社にすれば、アジア、そして軽量級は開拓する価値のある市場と考えているはず。確かにバンタム級の井上ではラスベガスでメインは張れないが、セミファイナルなら務まる。それでも軽量級ボクサーとしては快挙ですからね」

 井上がWBSSの3試合で手にしたファイトマネーは、計2億円程度だという。今後は5億、10億円を稼ぐボクサーになることも夢ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る