村田l諒太が王座奪還 “投資6年”のフジテレビ胸なで下ろす

公開日: 更新日:

 12日のボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチで、同級4位の村田諒太(33=帝拳)が王者のロブ・ブラント(28=米国)に2回2分34秒TKO勝ち。昨年10月の米国ラスベガスでの防衛戦で判定負けし、ベルトを奪われた相手にリベンジを果たした。

 初回のゴングと同時に圧倒的な手数で攻めてきた王者に対し、村田は右のボディーで対抗。終了間際にブラントをフラつかせると、2回にその勢いのまま重い連打でダウンを奪い、一気に試合を決めた。

「試合後、『ありがとうございます!』と何度も絶叫した村田はホッとしたような表情を浮かべていたが、最も胸をなで下ろしたのが、試合を生中継したフジテレビでしょう。ラスベガスでブラントになす術なく敗れた村田は引退も考えた。なんとか再起したものの、今回のリマッチを前にして『最後の試合になるのか、もっと村田を見たいと言ってもらえるのか、判断されることになる』と言っていた。フジテレビは2012年ロンドン五輪金メダリストの村田のネームバリューに目をつけ、13年8月のプロデビュー戦から独占中継するなど先行投資をしてきた。昨年10月の防衛戦で勝つのを前提に、予定していた東京ドームでのビッグマッチも消滅してしまっただけに、連敗で引退なんてことになったら、これまでの投資が無駄になりますから」(民放局関係者)

 この日の試合を実況した同局アナウンサー、インタビュアーは、村田の勝利に目を真っ赤にして声を詰まらせていたのも納得である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”