追放劇から1年 日本ボクシング連盟の“ドン”山根明さんは今

公開日: 更新日:

 昨年夏、アマチュアボクシング界に激震が走った。日本ボクシング連盟の“ドン”と呼ばれた山根明・終身会長(当時・79)が、腹心の部下たちから告発され、公職から身を引くことになった一件である。あれから丸1年。山根さんを直撃した。

 ◇  ◇  ◇

「今月、ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ、略してWYBCというプロボクシング団体を設立しましてね。旗揚げ興行を9月29日に京都市内のKBSホールで開催することになったんですわ」

 大阪市生野区にある山根さんの自宅リビング。ドスの利いた落ち着いた口調で、山根さんは切り出した。

「新団体は完全独立団体で、いわゆる上部団体は存在してないんです。まったくサラの新団体。これから世界に向け、従来のボクシング団体では見ることができない迫力あるボクシングを、ボクシングファンのみならず格闘技ファンに提供していけたらいいな、こう思っとります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る