朝乃山は年寄剥奪も 嘘で高くついたキャバクラ遊びの代償

公開日: 更新日:

 相撲協会のルールを破った揚げ句、それをごまかそうとウソまでついた代償はとてつもなく大きいものになりそうだ。

 折も折、緊急事態宣言下のキャバクラ通いが発覚した大関朝乃山(27)のことだ。

 週刊文春によれば、朝乃山は今場所2日前の晩から翌日にかけて会員制のラウンジへ。これ以外にも緊急事態宣言の最中に“闇営業”のキャバクラに複数回出入りしていたという。

 不要不急の外出を禁じた日本相撲協会の「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」に違反したばかりか、協会幹部の逆鱗に触れたのは聞き取り調査に対して当初、ウソをついていたことだ。

 協会のガイドライン違反では昨年7月場所の最中、当時、幕内だった阿炎がキャバクラに通ったことがバレて、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を受けているが、大関という責任ある立場にありながらウソまでついていただけに重い処分は免れそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る