曙太郎さん死去「最新型ベンツに乗る貴乃花を見て頭に血が上り…」生前に語っていた若貴への強烈ライバル心

公開日: 更新日:

 元横綱の曙太郎さんが心不全のため4月上旬に亡くなっていたことが発表された。54歳。史上初の外国出身横綱として角界の歴史に名前を残した曙さんは生前、日刊ゲンダイのインタビュー企画に登場。2011年10月の連載コラム「私の秘蔵写真」では、驚くべき入門秘話を明かしていた。

 ハワイ州オアフ島出身の曙さんが東関部屋に入門したのは1988年。18歳だった曙少年は同じハワイ出身だった当時の東関親方(元高見山)にスカウトされ、バスケットボールで推薦入学したハワイの大学を中退、相撲界の門を叩いたが、それにはこんな裏話が。

「最初、親方は自分ではなく2歳年下の弟を欲しがっていたんです。おまえは背が高くて脚が長すぎるから、相撲に向いていないと言われた。でも自分はダメだと言われると燃えるタイプで、逆に頼み込んだ。そうしたら、父親が〈弟を連れて行きたいなら兄貴も一緒に頼む〉とお願いしてくれた。自分は弟のバーターだったんです。ワッハッハ」

 88年3月場所で初土俵。そこからわずか5年で横綱に上り詰めた。成長を促してくれたのはやはり、あの2人のライバル、若乃花と貴乃花だったと振り返っていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める