WBSS準決勝圧勝 井上尚弥が稼ぎでも“モンスター”になる日

公開日: 更新日:

 世界に衝撃を与える259秒だった。

 日本時間19日、英国のグラスゴーで行われた階級最強を決めるトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級準決勝で、WBA王者の井上尚弥(26)が2回1分19秒でTKO勝ち。19戦無敗のIBF王者、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)から2回に3度のダウンを奪う圧勝劇だった。

「1回KOで勝った昨年のWBSS1回戦に続く衝撃的な勝利を挙げた井上を、(世界で最も権威のある)リング誌をはじめとするボクシングメディアが『モンスター』と一斉に報じた。『世界最強王者』の評価も定着し始め、5階級制覇のドネア(フィリピン)と戦う決勝は世界中の注目を集めることになる。すでに井上には、米国プロモート大手のトップランク社との契約が秒読み段階という話が浮上している。これがまとまって本格的な米国進出が実現すれば、今後は過去の日本人王者とは比較にならないビッグマッチ、つまり、破格のファイトマネーを手にすることになる。1試合10億円以上も夢ではありません」(ボクシングライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る