国内では6年ぶり プロボクシング「日韓対抗戦」観戦ルポ

公開日: 更新日:

 日本政府が韓国に対し、スマートフォンやテレビに使われる半導体材料で対韓輸出規制を強化すると発表する、戦後最悪といわれる日韓関係。その一方、プロボクシング界では6年ぶりに(単独興行では初めて)日韓対抗戦が開催されていたことはあまり知られていない。サッカー代表による国際試合では毎度独特の熱気を帯びる日韓戦だが、はたして会場の後楽園ホールはどのような空気だったのか。

  ◇  ◇  ◇

 日韓戦の興行名は「2019・6・25 DANGAN日韓親善試合」で、主催者はDANGAN(東京都・古澤将太代表取締役)。親善試合前のアンダーカードは5試合。女子日本ミニマム級タイトルマッチ(日向野知恵×千本瑞規=千本が判定勝ちでチャンピオンに)を締めに、日韓親善試合4試合が組まれた。ちなみに最近は女子ボクシングの層も厚くなり人気も定着してきている。会場は8分の入り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る