国内では6年ぶり プロボクシング「日韓対抗戦」観戦ルポ

公開日: 更新日:

 日本政府が韓国に対し、スマートフォンやテレビに使われる半導体材料で対韓輸出規制を強化すると発表する、戦後最悪といわれる日韓関係。その一方、プロボクシング界では6年ぶりに(単独興行では初めて)日韓対抗戦が開催されていたことはあまり知られていない。サッカー代表による国際試合では毎度独特の熱気を帯びる日韓戦だが、はたして会場の後楽園ホールはどのような空気だったのか。

  ◇  ◇  ◇

 日韓戦の興行名は「2019・6・25 DANGAN日韓親善試合」で、主催者はDANGAN(東京都・古澤将太代表取締役)。親善試合前のアンダーカードは5試合。女子日本ミニマム級タイトルマッチ(日向野知恵×千本瑞規=千本が判定勝ちでチャンピオンに)を締めに、日韓親善試合4試合が組まれた。ちなみに最近は女子ボクシングの層も厚くなり人気も定着してきている。会場は8分の入り。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る