「中国の行動原理」益尾知佐子著

公開日: 更新日:

 世界で存在感を増す中国だが、ひとたび他国との間で問題が生じると一方的に圧力をかけ、力で相手を屈服させる行動を繰り返している。

 その一方で「中国は相互に尊重し合い、公平で正義にのっとった、協力的で互恵的な新しい国際関係を推進していく」と大見えを切る。他国から見ると理解しがたいそんな中国の対外行動原理を国内政治の視点から分析する国際関係論。

 中国では情報統制により外部からの脅威が実際よりも強調される傾向にあり、国民は常に強い不安感、不満足感を抱えている。より強い存在を恐れるそうした中国の世界観をはじめ、家族観や社会の秩序意識、政経分離のキメラ体制などを考察。海洋問題での強硬姿勢や経済構想「一帯一路」などのもととなるその対外行動のルールを読み解く。

 (中央公論新社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る