「中国の行動原理」益尾知佐子著

公開日: 更新日:

 世界で存在感を増す中国だが、ひとたび他国との間で問題が生じると一方的に圧力をかけ、力で相手を屈服させる行動を繰り返している。

 その一方で「中国は相互に尊重し合い、公平で正義にのっとった、協力的で互恵的な新しい国際関係を推進していく」と大見えを切る。他国から見ると理解しがたいそんな中国の対外行動原理を国内政治の視点から分析する国際関係論。

 中国では情報統制により外部からの脅威が実際よりも強調される傾向にあり、国民は常に強い不安感、不満足感を抱えている。より強い存在を恐れるそうした中国の世界観をはじめ、家族観や社会の秩序意識、政経分離のキメラ体制などを考察。海洋問題での強硬姿勢や経済構想「一帯一路」などのもととなるその対外行動のルールを読み解く。

 (中央公論新社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る

人気キーワード